寄付を考えられている方へ

About

ひとり親の人生が輝く
子どもの未来が輝く

ひとり親の多くは、さまざまな問題を抱える中、周りに相談できる人も少なく、孤立しています。
子どもの前では情けない姿を見せたくない。
でも頼る相手もいない。
孤立しているために、必要な知識や情報が届かず、更に苦境に立たされていく、という悪循環に陥っています。

「ひとり親が困っているのは自己責任」そういう声も聞きます。

私たちは全ての障害が社会の障害であるように、ひとり親の課題もまた社会の課題であると考えます。

.Styleとは、
ひとり親が、自分らしい生き方(Style)を実現することができる社会になることを願って活動していることに由来しています。

継続的なひとり親支援のために、皆さまの寄付を募っています。いただいたご寄付は、下記の用途に使わせていただく予定です。

.Styleでは継続的にひとり親の方々の支援を行っていくために寄付を募っております。

イメージ画像:笑顔の子供

1.ひとり親支援のための活動費

ひとり親で困っている当事者の傍らに寄り添うために、.Styleはまず当事者の生活圏に出向くことから始めます。
すぐに支援ではなく信頼関係を築くこと、そしてそこから当事者の方がどんなことに困っているのか、何を必要とされているのかを知っていきます。

いただいたご寄付は、相談支援、申請等の同行支援、食糧や生活物資をお届けする支援の、交通費や通信費、送料などに使用いたします。

イメージ画像:遊ぶ子供

2.事務局の開設・運営

現在.Styleは、山口市市民活動支援センターさぽらんてさんにご住所をお借りしており、事務局として活動できる場がありません。
個人情報を扱う団体ということもあり、事務局を開設することで、当事者へはより献身的に、応援してくださるみなさまにはより信頼性の高いサポートが可能になります。
将来的には、県内各エリアに拠点をもち、全域に活動を広げたいという願いもあります。

まずはその足掛かりとして、いただいたご寄付を事務局開設・運用の資金といたします。

イメージ画像:子供が遊ぶ

3.子どもたちへの学習機会の提供

仕事と家事の両立の中で子どもの宿題をじっくりみられる時間がない、仕事の都合で学習塾などへの送迎が難しい、費用の工面が難しいなど様々な要因があり、ひとり親家庭の子は学校外での教育機会が少ない傾向にあります。
.Styleでは民間の教育機関等と連携し、ひとり親家庭の子と教育サービスの橋渡しをし、学ぶ気持ちを応援します。子ども達の独り立ちに向けて長期的にサポートすることで、貧困の連鎖を断ち切ることが私たちの目標です。

現在、銀行口座への振込からの送金をお願いしております。
(今後他の手段でのご支援もいただけるよう準備中です。)

振込先

山口銀行(金融機関コード:0170)
吉敷支店(支店コード:185)
普通口座 5050428
.style 代表 小西凡子(ドットスタイル コニシミナコ)